通訳の仕事。

海外の俳優さんや女優さんが英語のPRで来日してインタビューをする時、必ず後ろに通訳さんがいますよね。影の存在ではありますが、いつもすごいなぁと思っています。

日本語を分かりやすい英語に変換して、俳優さんが英語を話せば、すぐに日本語に訳しています。英語と日本語には文法が全然違います。英語は主語の後に動詞がきますよね。

でも日本語は動詞は一番最後ですもんね。他にも文法の違いはたくさんあるけれど、それを瞬時に判断して日本語変換をして視聴者が分かりやすい日本語にしてくれる。そこまで行くのにどれくらい勉強したんだろう。通訳になるためには英語も日本語も勉強して変換する為の、技術も必要でしょうね。

ひとえに英語と言っても私のように旅行で困らないようにというレベルや日常生活レベルでは、週1回の英会話教室で楽しく勉強していった方がストレスにならない。

でも、通訳や英語を仕事にしようとすると、それでは足りないですよね。元々、海外生活をして24時間英語漬けの日々じゃないと無理なのかなぁ。英語って難しい。けれど、されど言葉ですもんね。楽しく学んで話せるようになるといいなぁ♪